男性と女性

安定して不動産経営をするならマンション管理会社も頼りにしよう

賃貸物件の経営のノウハウ

電卓

賃貸経営は、リスクがつきものです。上手くすれば利益がずっと出ますが、災害などのリスクもありますし、空室率などの問題もあります。災害などは保険でカバーできます。また、運営会社に依頼することがよいことも多いです。

投資を知ることで

セミナー

株式投資は、とても人気があります。株式に関する情報に対する関心は、高まることが想定されます。株式投資は、自分なりの投資法の確立も大切になります。自身を持って投資することも、投資を上手く行う上でとても重要になります。

賃貸での収入

オフィス

物件を購入する人は全員が自分のために買うわけではありません。中には第三者を住まわせて賃貸収入を得ようと考えている人もいます。このような考えを持っている人のサポートを行なってくれる業者もあります。

家賃収入を安定化する

マンション

支払い保証で安心を確立

言うまでもないことですが、安定した賃貸経営を行うには入居者が所定の期限までに家賃を支払ってくれることが大前提となります。そのため、家主としては支払いの遅延や収納もれといった事態が起こらないよう、常に目を配っておかなくてはなりません。近年、こうした家賃の収納に係る家主の負担を軽減するようなサービスがビジネスとして提供されるようになってきています。それが家賃保証という制度です。この制度を利用すれば、家主は自ら収納事務を行ったり支払い遅延者に対する督促を行ったりしなくても済むようになります。そのため、家賃保証は他に仕事を持っている兼業オーナーや物件が遠隔地にあるなどして管理を行き届かせづらい家主などに人気があります。

保証パターンには2種類

家賃保証サービスには、大きく分けて2つのパターンがあります。1つは、支払い保証です。これは、入居者が家賃を滞納した場合は保証会社が代位弁済を行うというものです。家賃ばかりでなく、設備の破損に伴う損害賠償債務なども保証します。つまり一種の連帯保証制度であり、保証人を別に立てなくてもよいという点で入居者にもメリットがあります。もう1つは、転貸サービスです。これは不動産会社が家主から物件を借り上げ、実際の入居者に転貸するというものです。入居者の家賃の支払いそのものを保証するわけではありませんが、家主の元に入ってくる家賃は借上げ契約に基づいて不動産会社から支払われるため、実質的に家賃保証が約束されることになります。このような不動産投資関係のサービスを行なっているところは他にもマンション管理会社などがあります。マンション管理会社を頼ることで、より店子が魅力に感じるマンション運用ができます。